「ふたたび、暖簾をかけるまで」

更新日:2019年8月9日

「ふたたび、暖簾をかけるまで」第15話

当時の日記や出来事など  本人)

4月16日(木)朝A.M10:00~リハビリ高田先生

疲れるわけがわかれば休むテーマをかえる、深呼吸するなどで対応を考えストレスをためないように気をつける。

昼アルプラで108ピースのジグソーパズルをかいました。50分かかりましたがならべることができました。パズルはじめてなので疲れました。

夜キムタクの「アイムホーム」高次脳機能障害になったキムタクが5年間の記憶を失った主人公を演じるドラマをみました。今の私とかさねあわせていろんなおもいがありますが日々できることをきちんとやっていこうとおもいました。21:00~

4月17日(金)

朝大工さんが換気扇をとりつけにきています。

13:00人疲れする前に2階にあがって休ましてもらっています。この後つくし会のヨガ教室に行ってきます。

昼つくし会無事にいって帰ってくること出来ました。横断歩道もスムーズに地下鉄も落ちついて行動できました。

夜モモに買いものにいきました。Sさん、Kさん、Mさんにおあいして少しおしゃべりもできました。

P.M19:30外壁は途中です。

4月18日(土)

A. M11:20朝昨日モモでかったキャベツ、玉ネギ、もやしの準備をする。外壁はもう少しかかりそうです。お米、水お母さんが届けてくれました。

久代とアルプラへ歩いていく。買いもの、お水をくんで帰りました。

4月18日(土)19:40夜モモ水をくんで帰りました。明日4月19日(日)は高次脳の講習会へ西京区の洛西総合庁舎まで行く。11:00出発

4月19日(日)

A. M10:00

朝から雨です。

朝米を浸水してお茶をわかす。朝ははやくおきすぎました。

A. M6:00目が覚めました。足場に雨音が響いて目があきました。おにぎりお昼ごはん用につくりました。シャケフレーク、じゃこ、しそ入

4月19日(日)昼洛西庁舎へB病院でお世話になったU先生の講習を聞きにいきました。

記憶をとりだすヒント=メモ、写真などを残す。

4月20日(月)

朝から雨が降り続いています。特に予定もないので久代とゆっくりすごします。

昼はゆっくり寝させてもらいました。

夜P.M19:00モモへ買いもの行ってきました。

 春雨つづいてます。お風呂ゆっくりつかります。

4月21日(火)

次は4月28日(火)高田先生

5月15日F病院(担当Oさん)にいく。

後日時間等の連絡あります。

つくし会以外の慣れたところに電車などで一人で行ってみる。

2つ同時に料理する。どんなとき疲れるか久代と共有しておく。

4/24(金)モモのリニューアルにいく

昼つく会のミュージックカフェに一人でいきました。想像とはちがいカラオケひとりづつ歌いました。

夜はつかれたのではやくねました。もうミュージックカフェは参加しなくていいと思いました。つくし会は地下鉄のったり、人と接したり何かにむかってみなでがんばるなど今の私には必要なこともあるのでもうすこし参加つづけます。

4月22日(水)

朝から業者さんがはいって店内の改装や外壁のぬりかえなどやってもらっています。

昼新鮮館へひとりで買いものにいきました。スーパーの名前、入ってる業者さんもころころかわるのでゆっくり覚えていきます。

(今、当時のことについて思う事  本人)

パズルは簡単に作れませんが絵の大きい色のわかりやすいパズルから始まって今は204ピースのこまかい絵のパズルも時間はかかってもできるようになりました。

キムタクが私とおなじ病気になるドラマが放送されてたので妻とよく見てましたが病気になってからでる症状は個人差があるのでしょう。私は妻の顔はしっかりわかりましたしキムタクが上戸さんの顔に仮面がかぶさってみえてたのはよくわかりませんでした。

手帳の書きかたに読み返したときのことを考えて、何月何日何曜日、朝、昼、晩、A.M、P.Mなど日によって書きかたは違いますが、わかりやすく書く努力がみえます。人の名前もだいぶ思い出せるようになってきています。

手帳の書きかたも決まってきて、いま(2016、7、13)読み返してもわかりやすく書いてあります。

洛西総合庁舎まで行くと手帳には書いてますが、そこに行くには地下鉄、バスをどこでどう乗りついでいくのかまったくわかっていませんでした。

病気になる前より視力、嗅覚、聴力はよくなっている感じがします。

新聞をゆっくり読んだり、テレビを見たり、ジグゾーパズルを組みたてたり病気になってから時間のつかいかたがすごくかわりました。気強さもでてきましたし、わからないことは調べるそしてくり返し行うことが出来るようになってきました。

薄皮が一枚づつめくれていくような回復と聞いてましたが手帳の内容、書きかたの工夫が一日一日すごく変わってきています。頭の機能が弱くなったところもあると思うのですがそれを助ける機能が働いていたのでしょう。

病気になってからそれまで見なかったテレビ番組や電車やバスにも乗ることもすくなくなかったのがよく乗るようになって生活のリズム、パターンが変わりました。これはすごくいいことだと思います。長い病気の後のリハビリ、生活習慣の改善毎日つづけていきます。

新聞の広告をよく見るようになりましたし、買いものに行くときもまずメモに買うものを書いてから買いものに行くようになりました。病院にいくのもこれからはまずB病院で診察してもらってから考えるように



*この日記は高次脳機能障害からの記憶障害の練習の為にご家族による当時の様子、想いと

御本人による振り返りから構成されています。ご夫婦より多くの方に知ってもらいたい、とのご希望があり、掲載しております。

#高次脳機能障害

#復職支援

#自営業復職支援

#訪問リハビリ

#かどや


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示