「ふたたび、暖簾をかけるまで」

「ふたたび、暖簾をかけるまで」第31話

当時の日記や出来事など ご本人

6月8日(月)

朝9:20

コンビニへ市のゴミぶくろ30ℓ買いに行ってきましたが10枚入りで300円でした。

今まで業者さんがきてくれていたので市民としてあたり前のことわかっていませんでした。すこしづつなれていきます。46さいのたん生日です。もう46さいかと驚いています。

夜P.M19:40

雨が降りつづいています。ちょっと風も強く吹いていて傘をさして歩きにくかったです。

久代と焼肉「さんきち」へ行きました。雨のせいかお客さんが少なかったです。

杏仁豆腐地下鉄三条に売ってたので4種類かいました。

ブルーベリージャムときなこ食べましたがきなこのどにからまってせきこんでしまいました。これも笑い話です。


6月9日(火)

A. M10:30朝

高田先生のリハビリ終わりました。S川さんも顔をみせてくれました。

記憶力のテスト1月よりよくなってました。

昼12:10

作業者浅川亭さんへ昼ごはんたべに行きました。

地下鉄で三条へそれから京阪にのりかえて七条までのって歩いていきましたが

道順はまだまだ頭にはいらないのでその都度確認が必要です。

浅川亭、きんぎょ食堂そこで何をするのかまだ整理できていませんが

慣れること教えてもらうこといっぱいあります。

次は6/12(金)9:00~京都駅近くのきんぎょ食堂へ働きにいきます。


6月10日(水)

昼11:00

五月晴れのおでかけ日和です。

今から映画「夫婦フーフー日記」をみに三条京阪に行きます。

頭の状態はまだまだつかみどころがありませんが、ゆっくり丁ねいに生活していきます。

夕方 P.M17:40

M井から電話ありました。山科きてるので顔みせてくれるようです。Sちゃんがおネーさん、Sまが弟おもいだせました。


今当時のことについて思う事 ご本人


燃えるごみ、プラごみ、びん、かんごみの分別を今までまったくせずに

すべて業者さんに回収してもらっていたので、ごみ出しのルールを書いて

手帳の表紙によく見えるようにはさんで確認しながら出しています。


毎日手帳を書くことで「漢字がわからない時は調べる」「間違えた時は消して書き直す」

ことが出来始めてますが、力が入りすぎてシャーペンの芯をよく折りましたし大きな消しゴムではせまい行間を消そうとして、必要な文字まで消していることがよくありました。


浅川亭、きんぎょ食堂での作業は私のこれまで経験したことのない作業の連続でした。

身長の高い人、低い人、集中して作業を続けることができる人、すぐあきてしまう人、

いろんな人が集まっての作業は頭も使いました。

目くばり気くばり自分の作業以外の神経を使いましたし、自分にはこの作業所には

「疲れにいくもの」と考えて通所していました。


映画や音楽には興味はもってなかったのですが、

行ってみると、聞いてみると興味をもつようになりました。












*この日記は高次脳機能障害からの記憶障害の練習の為にご家族による当時の様子、思いとご本人による振り返りから構成されています。ご夫婦より多くの方に知ってもらいたい、とのご希望があり、掲載しております。

#高次脳機能障害

#復職支援

#自営業復職支援

#訪問リハビリ

#かどや

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示