「ふたたび、暖簾をかけるまで」

「ふたたび、暖簾をかけるまで」第36話


(当時の日記や出来事など ご本人)

6月19日(土)

夜20:20

お母さんがハッピーテラダのバスツアーに当たったので

久代と一緒に参加させてもらいました。

現在の世の中企業どうしで協力しあっておじいさん、おばあさんのサイフのひもをゆるめる知恵をだしあっているのがいろんなところで感じられました。

自分のことより世の中をみれたことが私の脳みそにはいい刺激でした。

明日6/20(日)は父の日です。鎌田のお墓の草抜きに行ってきます。

水分をしっかり取り無理しない程度にしてきます。



6月20日(日)

朝7:50

今日は父の日です。広島のおとうちゃんには手紙を書きました。

あと連絡あるかもしれませんから留守電にして鎌田のお父さんのお墓の草抜きにでかけます。

小雨ですが土も柔らかくなっていると思うので暑くなる前にいってきます。


昼13:20

お墓の草抜き終わりました。雨あがりで土も柔らかかったので抜きやすかったです。

草の根もよくのびていて抜くとアリの大群がでてきました。

アリの巣こわしてしまいました。

きっと長い時間をかけて造ったのがこわれるのは一瞬でした。

居酒屋かどやもまた長い時間をかけてお客様の信用や

楽しい時間を共有できるよう取り組んでいきます。


夜19:30

明日の“きんぎょ食堂“作業内容、家からの行きかた、

帰りに買って帰るものの確認をしています。明日の担当の女の人はI庭さんです。



(今、当時のことについて思う事 ご本人)


今当時の手帳を読み返して書き出していますが

今よりも文章力があって楽しく興味がどんどん湧いてきます。

毎日毎日手帳に書くことで考える能力、調べる方法、

わかりやすく書く方法よく考えて書いていると思います。


今の私には見えなかったところ、気付けなかったことが

当時の私には見えていて、気付いていたと感じられる毎日の手帳です。

毎日、毎時間新しい発見や考えかたが書かれていて

今読み返していても楽しくなってきました。











*この日記は高次脳機能障害からの記憶障害の練習の為にご家族による当時の様子、思いとご本人による振り返りから構成されています。ご夫婦より多くの方に知ってもらいたい、とのご希望があり、掲載しております。

#高次脳機能障害

#復職支援

#自営業復職支援

#訪問リハビリ

#かどや

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示