「聞いて聴いて、早川一光先生のラジオな話!又、来週」第32話



「聞いて聴いて、早川一光先生のラジオな話!又、来週」第32話 事故になりそうで、怖かった公開録音と困った公開録音の話しをしましょう。 ばんざい人間のスタジオの電源を切ると云う前代未聞の放送事故を前回、ご紹介しましたが、事故は予期しない偶然が、重なって起きるものです。 でも起きてしまえば云い訳は出来ません。 嘘や隠蔽はダメ、いずれ分ります。 放送事故は代替放送等でカバ-出来ますが、人身事故は絶対起こしてはいけません。 警備や放送打ち切りも(場合によっては)考えておかねばなりません。 本当に怖かった公開録音。 滋賀県彦根の銀座商店街、夏の夕方。 出演は高石ともやとザ・ナタ-シャ-・セブン そして西野バレ-団出身の金井克子さん 「パッパッ-パヤッパ-逢う時にはいつでも他人の二人 ゆうべはゆうべそして今夜は今夜・・・」 印象的なスキャットと、指差し確認の様な独特の振り付け、無表情に歌うその姿が、一世を風靡した「他人の関係」です。 発売[1973年3月21日]まもなくチャ-トを駆け上がり、トップ10に8週連続ランキングされる大ヒット曲になりました。 CBSソニ-レコ-ドの宣伝マンに 「安いギャラの女性歌手いない?キャンペ-ンでもいいけど!」 「亀岡が終わって金井克子ならいけます。」 「決定でお願いします。」 しばらくして宣伝マンから、 「高田さんスケジュ-ル返してくれます?」 「あかん!ポスタ-も張ってるし、番宣も出てるから!」 よく知っている人なので、ギャラもそのままで、いけました。 いつものように警察に届けて、警備を依頼しておきました。 商店街は、1階が店舗で2階が住居。アーケ-ドがあって長屋の様に繋がっています。 2車線の道を隔てて向き合っています。当日は歩行者道路で大売出しのイベント。 銀行前に特設ステ-ジをつくりセッテイング。 人出がいつもと様子が違うなと思いながら、音だしリハをすると本番まで休憩。 念の為、控室で金井さんにインタビュ-録音。 (保険)本番時間が迫るに連れて人が集まり、 ステ-ジの上からから見ると、2階の窓やア-ケ-ドにも人が鈴なり・・警官にお願いしてステ-ジ前を整理してもらい、 本番! 金井克子さん15分予定で先に歌ってもらいました。 見ると、人がぎっしり!商店街を占めています。 押すな押すなの大盛況!ステ-ジの前まで、人がヒタヒタと押し寄せる恐怖、無音の圧力・不気味さ。 前列のおばあさん、押されて・・スタイル抜群の金井さんを皆さん一目見よう、生歌を聞こうと集まりました。 苦痛にゆがむおばあさんの顔を見て、もはや限界、金井さんにはⅠ曲カットで退場してもらいました。 CMを出して、後は高石ともやとザ・ナタ-シャ-・セブンで危機を脱しました。 異様な雰囲気も収まり、ギリギリの所で事故を回避しました。 一気にスタ-になった金井克子さん。 その年、「他人の関係」で紅白歌合戦にも出場しました。 60分番組で足りない分は、本番前の金井さんのインタビュ-をつけて放送しました。(保険が効きました。) 困った公開録音は、祇園祭りの宵山か宵々山か?歩行者天国四条通りの営業手配特設ステ-ジ。 開始は午後6時以降、出演はお笑い四組の番組。放送は、午後11時からの番組。 私はこの時、現場立ち会いのみで、仕込みなどにはノ-タッチ。 録音し終わったら、テ-プを持って人ごみをかき分け、交通規制外で待機する会社の車で局に運び、編集、CMもいれて完全パッケ-ジに仕上げる。 時間との勝負。収録中に何処を編集するか決めておかねばなりません。 それなのに漫才録音中、交通整理の警官が来て、 「止まらないで、止まらないで・・」 営業手配?警察にチャンと話してるんかい? 警備お願いします位云っておけばましなのに・・・ 客がジッとして聞いてくれないと漫才が成立しません。 やり過ごしてしばらくすると、又別の警官「止まらないで、止まらないで、」 何がなんでも、番組が成立する分は、録音しなければなりません。 そのうち「責任者はどなたです」 技術には、営業担当を指差すように、(私が出れば中止しなければなりません。) 後10分!録音出来た! お先!一目散にスタジオへ。 無事放送。 こんな公開録音初めて、漫才出来へん! 「マ-皆さん聞いて下さい!」 「止まらないで、止まらないで」さすがプロ、我慢して4組やってくれました。 設定に無理がありました。 放送で、かすかに止まらないでが流れたかも。 本当に困った公開録音でした。 次回は早川先生だからこその放送です。又、来週(つづく隔週予定) *著者紹介 KBS京都「早川一光のばんざい人間」を立ち上げた初代ディレクター #KBS京都 #早川一光 #ばんざい人間

ウイルス フリー。 www.avast.com

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示