「聞いて聴いて、早川一光先生のラジオな話!又、来週」

更新日:2019年6月5日

「聞いて聴いて、早川一光先生のラジオな話!又、来週」 第4話

2014年3月2日放送の関西TVの番組

「空飛ぶ診療所・90歳の夫はラジオパ-ソナリティ」

タイトルで分かる様に、早川先生と奥さん 「ばんざい人間」のリスナ-さん

KBS京都のスタジオ 先生の自宅。

それぞれの交流を描いた作品でしたが、

番組の最後に先生が、取材中の女性ディレクタ-とカメラに向かって


「僕の死ぬ瞬間を撮影して欲しい!必ず連絡するから!早川の死にざまを!」


と訴えました。

彼女はその様を番組内で放送しました。


大変な宿題をモラッテしまいました。


以来、彼女のなかにモヤモヤしたものが!それが何時なのか?


会社組織ですから、取材続行が許されるのか、タイトルは?制作費は、人事異動は?


今年1月下旬、私に特番を作るので取材させて欲しいと依頼がありました。


「ばんざいにんげん」最終日にチラッと見かけましたが、お話するのは初めてでした。


彼女が悩み、迷い、苦労して紡いだ番組が2019年2月28日深夜、放送の関西TVザ・ドキュメント「畳の上で死ぬって、大変だった」です。(見逃した。見たい方は、関西TVホームペ-ジを検索)

早川先生の宿題に、見事に応えました。

Sさんには、番組の感想と、謝意を伝えました。


(ばんざい人間が終わってから、亡くなられるまでの先生を知る事が出来て嬉しかったし、有難かった。)


Sさん、本当にお疲れ様でした。敬意と賛辞を贈ります!

ちなみにこの作品は、今年のギャラクシ-賞を受賞しました。

(放送業界では権威のある賞で、私も2回受賞)先生との宿題については、又、来週(つづく)


筆者紹介

「KBS京都 早川一光のばんざい人間」を立ち上げた初代ディレクター

#聴いて聞いて早川先生

#早川一光

#ばんざい人間

#KBS京都

#ぼけない音頭

#認知症

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示