「ST、在宅やってるってよ」

「ST,在宅やってるってよ」その88


「在宅で人と長く話をする」という意味において

我々の仕事は他の医療・介護・福祉職よりもその比率が多くなるかと思います。


信頼や安心感を持った関係性になってくると、

または冒頭から、

時々こんな言葉を聞きます。


「もう死にたいわ。生きてる意味ない。」


何度聞いても「強い言葉」です。


例えば

嚥下障害のある方に

「誤嚥・窒息を減らす≒死なない様に」


の様な目的で担当している時にもお聞きします。


他にも

進行性の疾患の方から

「出来なくなることに」対して言われます。


例えば

特に何も生活上、そんなリスクが無くても

ふと、言われることもあります。


「治したい、良くなってほしい、健康になってほしい」

が強く、当たり前にあり過ぎると。


強くその言葉を否定してしまう事があるかもしれません。


「傾聴」に終始し、何とも言えない雰囲気で終わることもあるかもしれません。


私はそんな話があった時に、可能な範囲で


「アサーティブ」な関わりを取り込んでいます。


「アサーティブ」とは


アサーティブネス(Assertiveness)の訳語は、「自己主張すること」。でも、アサーティブであることは、自分の意見を押し通すことではありません。自分の気持ちや意見を、相手の気持ちも尊重しながら、誠実に、率直に、そして対等に表現することを意味します。

                     (アサーティブジャパンHP*1より抜粋)


「傾聴のみ」を選択することもありますが、受け身的なノンアサーティブという事になり、

自己主張はしない、という事になります。*2



最近のそんな場面ーー

「なんか、もう生きてる意味ないって思って」


「おー、何でですか」


「もう、、どんどん出来ひんこと増えるし、前はもっと出来たのに」


「そうですねー。私も年々出来ない事増えてきました。

○○さんから見たら若いでしょうけど、中年ですし。若いころに楽しみにしていたことも

大体経験したら、だんだん楽しみにするものも減ったし、体も痛いし、、ちょっと違うかな」


「んー、でもそんな感じかも。でもまだ先生若いでしょ。まだ楽しいこともあるんちゃいます?」


「んーなんでしょうね。息子とお酒飲めるように、とか?孫とか産まれたら?とか?」


「孫は良いかもねー」


「お孫さんおられますやん、お孫さんといる時、違う顔されてますねー」


「まあ、孫の前ではね」


「お孫さんの結婚式とか、曾孫とか産まれたらどんな気持ちなんでしょうね」


「んー生まれてみな、わからんなー」


「楽しいかもしれない、があるって良いですよね」


「死ぬも色々ありますけど、もし今洪水になっても避難しないとかは無いですねー」


「それは嫌やわ、逃げるな。いや、いや笑」


「なんだかんだでまだ生きちゃいますかねー笑」


「そうやなーお迎え来るまでは死にたくないかなー」


「私もそんな感じです笑」


もちろん、答えが出ない事も、傾聴するしか無い日もありますが

一緒にあーだこーだと話す中で

「なんとなく」が変わることもあるので

「対等」に「答えを決めつけず」話し合うは大切ですね。

ACP、人生会議にも言える事かな、とも思います。





*1アサーティブジャパン

はじめに|アサーティブジャパン (assertive.org)

*2リンク&コミュニケーショングループ

はじめに|アサーティブジャパン (assertive.org)






#在宅リハビリ

#言語聴覚士

#訪問言語聴覚士

#アサーティブ

#傾聴

#死について

#ACP

#人生会議


閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示