「ST、在宅やってるってよ」

「ST,在宅やってるってよ」その134


時々在宅で関わってると

「そんな無茶な」

という場面に立ち会うことがあります。


進行していくご病気の方で


「半年後に旅行に行くの予約したから」


「来年オープンの店のオーナーになってもらうから、名刺も作って来たから」


そんなやり取り。


ご本人の現状から見ると

半年先の困難さを感じてしまいそうですが


言霊だったり、

裏に込めたメッセージ


「そこまで一緒に頑張ろう」


が伝わってきます。


半年後にそんな無茶な、では無く


「いいですね!絶対いきましょう」

と寄り添い、実際にどんなシチュエーションになっても、何らかの方法を提案できるのが本当の意味でのリハビリテーションなのかな、と感じます。


そんな意味からも、個人でのアプローチと共に社会資源の把握、創出への助言が大切な我々の役割だと感じます。







#言語聴覚士

#旅行

#活動と参加

#訪問言語聴覚士


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示