top of page

「ST、在宅やってるってよ」

「ST,在宅やってるってよ」183


在宅で嚥下リハビリ、食支援となると

「多少食べにくいけど食べたいもの」

「手作りの好きなもの」の提案、提供という話が出たりします。

病院では我慢していた味、非常にやり甲斐のある所です。


さて

それらをしっかりと専門家として

食べて頂くために

時にはトロミタレやディップと和えたり、

時には、ほぐしたり、

時には、漉したり、

ご飯と混ぜたり

「手元テクスチャー調整」をします。


この時に大切な一手間が


「目の前でお見せしながら」です。


これが無いと

食認知が促しきれず

せっかく良いこと、アプローチをしているのに

摂取量が増えなかったり

時には拒否、となります。


逆に

今食べている小鉢、次に食べる小鉢などを

ご本人から見える角度でしっかり提示し

「〇〇です」と伝えながら行うと

全部食べたり。


この一手間が大きく左右することがあります。













閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page