「ST,在宅やってるってよ」

「ST,在宅やってるってよ」その122


「ジュンジはバカになれるから、小児をやれ」


学生時代、先生に言われた言葉です。


学生時代、学校に「アルバイト募集小児の言語リハ訪問」がありました。


18年くらい前でしたので非常に珍しいとは思いますが


何事も体験しておきたいと思っていたので


応募し、言語発達のリハビリを行うようになりました。


その都度、上記の先生にアドバイスをもらいながら。


そんな中で言われた言葉です。


学生時代、お世辞にも見た目、立ち振る舞い(特に飲み会)は優等生とは真逆でしたが


STになりたい思いは強く、ボランティア等にも積極的に取り組み、


体験する場を求めていました。


そういった場面で「恥ずかしがらず、ふざけられる」と先生は

見て下さっていたのだと思います。


勉強は出来ても、真面目だけでは人の役には立ちにくいし、

話すことが長い仕事ですので、大切な要素だと思います。


勿論、論理的な内容を導入時には明確に説明し、

どのような面から行っているかなどは都度説明や質問に答えつつ


おもいっきり、ふざけます。


子どもと同じぐらいふざけて話していると、向こうも話しやすくなったり

リラックス出来る部分が確かにあります。


成人に対してもその方その方の「笑いの許容範囲」を見据えた上で

TPOに応じたふざけを入れております。


あ、「ジュンジ」は私の苗字に由来するあだ名です笑








#言語聴覚士

#自然会話

#フリートーク

#ふざけることは大切

#小児言語

#訪問言語聴覚士


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示