「ST,在宅やってるってよ」

「ST、在宅やってるってよ」その34


もう年末です。


年末の在宅STではご利用者個々人にもよりますが、

ちょっといつもと違う関わりをしたりします。


①年末恒例の、、、


口から一食分の食事が困難で、専門的なアプローチが必要でゼリーやプリン類中心に

「お楽しみ」と練習を兼ねて普段から関わっている方の場合、、


→「年越しそば」風に。薄くトロミを付け、即席麺と揚げを湯で戻す前にキッチンバサミで削るようにして、出汁に薄とろみをつけて混ぜて完成。


普段は甘いものを好まれますが、年末は「合意」の上、こちらを嗜んで頂きます。


②クリスマスの素敵な連携、、、

ご病気の進行から喉を通らなくなり、舌をご自身で動かせない、人工呼吸器の方への

「味わい」のお楽しみとして、、、


何かクリスマスっぽいものを、、と

溶かしチョコレートに微量のお湯を足し、ブロアーで香りを嗅いで頂き、、

味覚を感じやすい上顎と下顎の唇側の舌の裏に当てがいながら、「味わい」を感じていただく。

そこへ同席のヘルパーさんが「栄養士さんがこれ作ってくれてましたよ!一緒に味わってmらえますかね?」

アイスマッサージの味付き「チーズケーキアイス棒」

チョコ、ケーキアイス棒共に反応良く、食べ合わせも「YES!」な反応が素早く出ていました。


③年末の振り返りに、、、

最近のことを忘れてしまいがちな方へ、、、

一年のニュース画像などを見ながら振り返り、自分たちの一年を振り返り、、、

平成から令和になったことを話し、大好きな美空ひばりがボーカロイドで新曲「あれから」が出たことに話題が進み、、

二人でYOUTUBEで視聴しながら、30年の変わったことなどを話し合う。

自然とホロリと出てくる、、、「良い今年の最後のリハビリになったわね」と言って下さる。


④小児施設で、、、

クリスマス、お正月の予定を嬉しそうに話しながら、

「ぼく、お兄ちゃんになったやろ」

「わたし、もうおねえちゃんになったから、頑張れるようになったねん」

と春に会った時からそれぞれのペースでステップアップしてきたこと、生活発表会でのわが子の成長を話される親御さんと。


⑤初めてのフリートーク内での、、、

重度の失語症から自然会話場面で一切発語が出せなかった方が、

日々練習に励み、今年は二人で弾き語りしたりしながら、、

年内最期のリハビリ終わりに手を握って「ありがとさん」とコテコテの関西弁で初めての

自身の言葉での挨拶、、、


⑥失語症当事者お茶会で

クリスマスケーキを食べながら、「新年会したいなー」「映画行きません?」


などなど、、、尽きません、、、笑


年の終わり、始まりの節目に、それぞれの変化を感じながら、それぞれと生身の関わりだから産まれる嬉しいエピソード達、、、

これだから在宅STはやめられません。

毎年、年末にお渡しするカレンダーを手に、

「来年も一つよろしく!」と心で思いつつ。


皆様良いお年を。

来年も「ST,在宅やってるってよ」を宜しくお願い致します。

少しでも在宅に行くか迷っているST,の背中を押せるような内容でお送り出来ればと思っています。


#言語聴覚士

#訪問リハビリ

#人と人との温もり

#年末年始


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示