「ST,在宅やってるってよ」

「ST,在宅やってるってよ」その38


前回からの「アメニティ」の視点から。


一流ホテルは宿泊者数より一枚余分にタオルを用意するそうです。


「何かあった時にどうぞ」


細やかな気遣いだな、と思います。


他にも、フロア毎の調光、食事の際のタイミングを図っての下膳などなど、、、


そういった細やかな配慮が利用者が気づかないくらいに「さり気なく」施されていると


「心地よい」や「リラックス」を産むのかもしれません。


中でも今回は「余分なタオル」。


我々の業界で「余分なタオル」に当たるのは


例えば、

40分訪問する中で、コンディションが整い、帰る間際に話し出された時


ー文字盤で自分の思いを打ち込んでおられる時ー

ー今後の急変時や胃ろう、人工呼吸器への不安、質問を話始められた時ー

ー実は最近食べるのが苦痛ですーーー

ー介護し続けたいけど限界かもーーー


「あー、次の訪問があるので、また今度聞きます!」か

「ほう、それで、聞かせてください」と5分耳を傾けるのか

サービスとしては40分ですが、そういった可能性がある方に関しては

少し次への時間に余裕を持たせたスケジュールを予め組んでいくことが懸命です。


この5分は今後の関係性にも、ご本人、ご家族にとっても大きく影響します。


もっと関わり方の中で「余分なタオル」はあるのではないでしょうか?















#言語聴覚士

#訪問リハビリ

#余分なタオル

#アメニティ

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示