「ST,在宅やってるってよ」

「ST,在宅やってるってよ」その111


在宅で色んな方に関わる中で

「ありがとう、先生のお陰です!」

「先生じゃないと~」

というようなお声を頂くことがあります。


嬉しいですが、意識的に「話半分」で捉える様にしています。


そもそも

・STの領域のサービスに出会うことがこれまで無かったから

・全身状態が向上・発達していく中で良くなったと感じたから

・前の担当者と相性が悪く、話しやすいから


そんな要素も沢山含まれています。(それだけでは無いと思いたいですが)


「私は腕がいい、誰にでも幸せを効果を出せる」と慢心しない方が良いという

意味合いにおいてです。


どんなに高名で技術のある方でも進行するST領域を止めることが出来ない事も

多々あります。


たまたま、運動面から進行が進んでいて、口腔は維持しやすかった、

代償手段が功を奏していた、という時期は前述の言葉を頂けても

その後、口腔の進行があった時にどうなるかは、

皆人間なので気持ちの変化はわかりません。


そこに一喜一憂しないように、良い言葉も悪い言葉も「話半分」でいたいものです。


良い言葉を頂いたときは「今日は良いお酒飲めますね!」くらいに留めて、忘れます。




#言語聴覚士

#一喜一憂

#言霊

#訪問言語聴覚士





閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示