top of page

「たべやすそうざい、のみやすい」

「たべやすそうざい、のみやすい」番外編


在宅で市販の「たべやすそうざい」を安全に繋いでいく際に必ず必要な事は「基準」となる食事です。

それは

UDF(ユニバーサルデザインフード)です。

何故なら

段階を分けて各段階で硬さの規定値がある

唯一の食材だからです。

他に各段階の硬さを設定しているものはありません。

でも

メーカー毎に同じ名前の料理、商品でも

具材の硬さは上限内で違ったりします。

そこで

各具材の硬さをカメルカチェックし

当事者さんの舌圧や嚥下圧、咀嚼力とマッチするものを選定していく訳です。


そんな話を映像を交ながら

来月お話しさせて頂きます。


是非ご参加下さい。


今回はメーカーさん側との意見交換も含みながらの双方向スタイルです。

今回は、STで食支援研究家の高田耕平先生が登場します。

テーマは「UDFを活用した嚥下リハビリ・食支援について

      ~物性理解とカメルカ活用からの嚥下時舌圧の推測と共に~」

■在宅の食支援においてUDFが有用であることについて


 カメルカによる具体的かたさ測定を目で見てUDFを体感


■UDFの食品特性を知る


■UDFのかたさを基準として用いた介護食指導のケース紹介


■メーカーとしてのUDF開発に際した工夫点

など、ユニバーサルデザインフードに関する実際的な具体的な話をして頂きます。

ぜひ、ご参加ください!!

聞き尽くしたあとは、オンラインで飲み会です !(^^)!

ぜひ、飲み物を忘れずに!

申し込みはコチラ



閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page